FLOW
アーユルヴェーダ的、秋の食材でアグニ(消化力)を上げよう

ブログのヘッダーモブ1.jpg

秋。読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋・・・


アーユルヴェーダ的に言うなら暑さから解放された秋は、ピッタ(火・変換のエネルギー)とヴァータ(風・不規則性のエネルギー)の影響を受けやすい季節です。


ヴァータは芸術性が高いエネルギー、ピッタは情熱のエネルギーですが、この二つがうまく働くと、秋ならではの作業がはかどります。


巷には様々な秋があふれていますが、私が一番好きなのは食欲の秋です(笑)


秋は、夏に暑さの影響を受けて弱っていた胃腸の消化力が回復してきます。


旬の食べ物が豊富になり、食欲が活発になる時期です。


今年の夏は天候があまりよくなかったので身体や胃腸の調子が通常の夏より乱れている方が多いように感じます。


消化器系は繊細なので秋だからといってドカ食いや、消化に良くないものとるのは禁物です。


秋の食べ物のとり方で、冬の体調や疲れ方が変わってくると言われています。

食事のカギはアグニ(消化力)にあり!

名称未設定4jpg.jpg

アーユルヴェーダでは消化力のことを「アグニ」と呼び、とても大切にしています。


アグニが下がると病気にになりやすく、幸せの力が逃げていくとされています。


どんな健康的な食事をしても、上手く消化されない限り、身体の一部にはなっていかないのです。


気を使って食材を選んでいても、身体に負担になっていては意味がありません。


私たちは自分の中に消化力という火のエネルギーを持っています。


消化力がうまく働かない時に消化しづらいものを食べるということは、まるで小さいたき火に大きな丸太を放り込んでいるようなものです。


火力と釣り合わないため、丸太を燃やすどころか、逆に火を消してしまうことになりかねません。


健康的な食事法の中で、最も注意したいのがこの「アグニ」、消化力のケアです。


自分の消化力を意識することで、さまざまな不調を和らげたり、健康を増進することが可能です。


そのためには、まず胃腸のメンテナンスが肝心なのです。

 

秋の食材で「キチリ」をつくろう!

名称未設定5.jpg


秋の食材といえば、かぼちゃ、栗、なす、さつまいも、きのこ、柿などたくさんありますが、どれも秋冬に上がるヴァータ(風・不規則性のエネルギー)を抑えてくれるものが多いです。


この食材たちに、消化力を上げてくれるアーユルヴェーダの代表的食材「ムング豆」を加え、秋の味覚を楽しみましょう!


ムング豆は、秋の食材と相性が良いのですが、本日はこれらを使ったインドの豆煮込みごはん「キチリ」の作り方をご紹介したいと思います。


キチリは身体のバランスを整えながら体温をあげてくれるのでとてもオススメです。

 

 

【材料】一人分

・ムング豆・・・ 四分の一カップ

・バスティ米かインディカ米・・・ 四分の一カップ

・さつまいも・・・ 半分

・かぼちゃ・・・ 四分の一かけ

・栗・・・ お好みで

・カシューナッツ・・・ 5個

・ギー・・・ 大さじ1

・クミン・・・ ひとつまみ

・ブラウンマスターシード・・・ ひとつまみ

・赤唐辛子・・・ 二分の一本

・しょうが・・・ 1かけ

・ターメリック・・・ ひとつまみ

・岩塩・・・ ひとつまみ

・レモン汁・・・ 適量

 

1.まずはムング豆と長米(バスマティ米かインディカ米)を軽く洗ってザルにあげておきます。


2.鍋にギー(発酵無塩バター)を入れて温め、クミンとブラウンマスターシード、唐辛子を加えて軽くかき混ぜましょう。


3.スパイスが音をたててはじけてきたら、みじん切りにしたショウガ、ムング豆、米、カシューナッツ、サツマイモ、カボチャ、栗を入れてしばらく炒めましょう。サツマイモとカボチャはレンジで3分ほど加熱しておくとよいでしょう。柔らかくなります。


4.色がかわってくるまで炒めたら水を1カップ入れ、ターメリックと岩塩を加えましょう。この後、ふたを閉め、強火で沸騰するまで煮込みます。


5.沸騰したら中火に切り替え、15~20分ほどコトコト煮込みましょう。


6.煮込んだら火を止め、10分ほど蒸らしまして完成です!!お好みでレモン汁をかけて召し上がってください。


名称未設定3.jpg


スパイシーな風味の中から優しい甘みを楽しむことができます。消化力も向上させながらもするすると食べれてしまう秋の味覚!最高です!


体調が悪いときは、水を増やすと柔らかいお粥になります。自分の身体と相談して水分の量をきめてくださいね。


インドでは身内に良くないことがあると、幸せを願い「ムング豆」を食すそうです。


ムング豆の力で良い方向に物事がすすむと考えられているんですね。


もちろん信仰だけではなく、冷えの改善、滋養強壮、免疫力の向上、消化力の向上など効果も抜群です。


甘くて温かい飲み物も一緒にとるとヴァータのバランスを良い方向に調整してくれます。


消化力を中心にお話ししてきましたが、気持ちを穏やかに過ごせているかも健康には重要な要素です。


ありのままの自分を受け入れ、無理せずちゃんと休む。ゆっくり美味しいものを食べて、気持ち良く過ごす。十分に睡眠をとる。


それを忘れずに、秋をよりよく過ごしていきましょう!


アーユルヴェーダはあなたと共に、いつもそばに。

RELATED POSTS

SALON INFORMATION

アーユルヴェーダ&アジア伝統療法
Natural Herbs神戸本店
〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通3-3-5
泰隆ビル5F
TEL.078-321-7567

営業時間
平日 10:00〜20:00
土日祝 9:00〜20:00
年中無休
アーユルヴェーダ&アジア伝統療法
Natural Herbs梅田店
〒530-0014
大阪府大阪市北区鶴野町4-11
朝日プラザ梅田-5F-05
TEL: 06-6459-7247

営業時間
11:00〜20:00
不定休
Natural Herbs 神戸本店 アクセスマップ
Natural Herbs 梅田店 アクセスマップ